みなとみらい整骨院-横浜・桜木町-

横浜・桜木町の整骨院:みなとみらい整骨院JR桜木町駅より徒歩5分

HOME > 腰の痛み(椎間板ヘルニア)

腰の痛み(椎間板ヘルニア)

椎間板ヘルニアとは


椎間板の髄核という中心部分の組織が線椎輪という周りを囲んでいる組織を破り、
外に突出した状態で、例えるならば・・・ おまんじゅうのアンコが皮からはみ出した状態です。

その飛び出た椎間板が神経を圧迫し、痛みやしびれが出た状態のことです。


椎間板とは、24個の骨で構成されている背骨(椎体)の、骨と骨の間にある軟骨で、
クッションの役割をしています。

椎間板ヘルニアは背骨のどこにでも起こり、特に腰部・頚部に多く発生します。

腰部椎間板ヘルニアの特徴

好発年齢
20〜40歳代に多く見られます。

症状
腰の痛みと片側(稀に両脚)の臀部〜脚にかけてのしびれ、
いわゆる坐骨神経痛、咳・くしゃみで激痛が走る、短時間の座位・立位がとても辛い、
脚の感覚が鈍い、脚が重い、安静時の痛みetc・・・

原因
急激な腰への負荷、長時間の座り仕事、体重増加および肥満、筋力低下etc・・・

検査

感覚検査、筋力検査、その他専門医によるMRI、X線等の画像検査を行います。

治療
痛みの強い時は、安静をとりコルセット等の固定、湿布や塗り薬、
専門医が処方する痛み止め等を使用します。

症状が重い場合は手術が必要な事もあります。

痛みが軽減したら、電気治療・マッサージ・ストレッチ体操・筋力強化等で改善を図ります。

予防
ストレッチ体操・筋力強化・ウェイトコントロール等、日頃から腰への負担を取り除き
予防・改善に努めましょう!!

腰部疾患の好発年齢 一覧表(参考)

疾患名 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 70 75 80
腰部椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
脊椎分離症・スベリ症
変形性腰椎症
骨粗鬆症
脊髄腫瘍・馬尾腫瘍
いわゆる腰痛症
上記表はあくまでも目安です。不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

ケガに関するお問合せ

お電話によるお問合せは下記の時間帯にて受け付けております。

月・火・木・金の受付時間
8:30am〜19:00pm
水・土の受付時間
8:30am〜〜17:00pm

休診日:日曜・祝日

メールでのお問合せ

お急ぎでない内容の場合は、メールでのお問合せもご利用下さい。

お名前

E-Mail
(半角)
お問合せ内容

診療日・受付時間
診療日カレンダー
○・・・予約なし
※・・・17時までの受付

診療時間
午前:9:00〜12:30
午後:14:30〜19:00
休診日:水曜・日曜・祝日

予約について
平日午前中以外は予約制となっております。ご予約が無い場合、予約優先となりますのでご了承ください。
整骨院求人案内
交通事故:保険取り扱い可能です
トレーナー派遣
痛みの知識・対処方法
ケガの応急措置(RICE処置)
腰の痛み(椎間板ヘルニア)
自分で出来るストレッチ・体操
 ┣腰痛体操
 ┣自分で出来るストレッチ
 ┣肩〜腰のトレーニング
 ┗下半身のトレーニング